神話と現実が交差するアテネの博物館

Posted by hiroto - 1月 16th, 2014

ギリシャのアテネには 多くの遺跡や各種博物館が点在しております。世界史の教科書でおなじみの美術品などを現実に見ることができるなんて、ちょっとした感動ではないでしょうか。

たとえば、クレタ島以外のギリシャ各地から集められた発掘品は国立考古学博物館で見ることができますし、アテネのプラカ地区にある民芸博物館では、色彩豊かな民芸品の数々に出会えたりします。各地の民族衣装に興味のある方などは夢中になること間違いなしです。

エーゲ海に浮かぶ島々にはそれぞれ個性あふれる民芸品があります。実際に島に行って触れ合うのもおもしろいですが、博物館で一同に会すると、それらの個性をより強く感じたりするものです。

また、写真でよく見るアクロポリスやパルテノン神殿は実際に見ると迫力満点。

アクロポリス博物館にはアクロポリスの丘とその周辺で発掘された先史時代からの品々が納められています。ここにはアテネ最盛期の展示物が多いようです。ギリシャにいると神話と歴史が重なり合って、つい現実がどちらか区別がつかなくなってしまう錯覚に陥ることもしばしば。

アクロポリス博物館ではそれぞれの神殿を装飾しているレリーフや彫像にも目を向けてみてください。そこには神話の登場人物や実在する人々の生活様式が緻密に表されています。これもまた芸術作品の一つ。遠い昔この周辺で生活していた人々に思いを馳せることができるでしょう。

私の中のアイドル安室奈美恵

Leave a Reply

Blog Home